読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

謹賀新年大逆転の話

あけましておめでとうございます。


f:id:takeshin619:20160108163702j:image



なんだかんだで明けるんですねぇ、今年も。

ていうか年ってすぐ明けますよね。

気付いたら明けちゃってますよね。

で、1年って終わるの早いよねえなんて言ってる間に、1年の半分が終わってたりなんかするんですよね。

2015年の僕自身でいえば、去年の1月は大学受験に向けて勉強して、そのあとも引っ越しの準備に慣れない大学生活であっという間に夏になり。

夏休みは実家に帰ってちょっとのんびりしたかなーと思ったら秋なんか葉っぱが色づいた途端に枯れちゃって、なーんもしない間に年を越してるとそんなもんです。

この一年って早いよねえをあと何十回か繰り返したら、一生って早いよねえとか言いながら死んでいくんだろうななんて一人考えるお正月です。

死ぬのは早いにしても、歳をとるってあっという間だなって若干19歳にして生意気にも最近実感します。

焼肉はサガリとホルモンが体に優しいし、トロより赤身が好きです。

あげく同級生に「ことしは申年だけど君の干支はなんだっけ」って聞く始末。

ボケ老人を笑っていられません。まさに明日は我が身です。



話を年越しに戻します。

近年、僕は友達と年を越しています。

僕の実家がある北海道では、基本的に12月31日の夜に豪華な食事をして、そのあとにお蕎麦を食べます。(家庭によっては1日におせちも食べるんでしょうが、僕の周りの道民は基本的におせち食べません)

で、家族と紅白を観ながら(飽きたら隣の部屋でガキ使か格闘技かあるいは映画を観たりします)のんびりして、11時半頃に友達と初詣に行くというのがここ何年かのルーティーンになっています。

年越し、初詣とくればそう、おみくじ。

占いとかの類は信じないしむしろ嫌いなんですけど、友達が必ず引くので僕も引きます。

昔から運のない子供で、福引とかでも一等とか当たったことないんですけど、今年は出ました、大吉。

おみくじ信じてないくせに出ると嬉しい大吉。

だと思ったでしょう?

僕はこの大吉で新年早々憂鬱です。

 おみくじのって良いのが出るほど運が良いなんて言いますけど、僕はむしろ運を使ってるような気がしてならないのです。

運試しなんていいながら、何年もなんねんも溜めてきた運を、大吉を引くことに使ってしまったような気がするんです。

もったいない!

ワンガリ・マータイさんは言いました。

もったいない!!

この言葉でノーベル平和賞です。

僕だって言えます。

正月早々大吉なんてくだらんもん引くのに運を使っちゃってもったいない!

ください、ノーベル賞




自分でも捻くれてるなーと思うんですけど、最近はさらに拍車がかかってきて。

福引で外れたり、おみくじで吉しかでなかったり、信号に何度もひっかかったり、白いシャツにミートソースが跳ねたりすると嬉しいんです。

思っちゃうんです。自分、いま運溜めてるって。

なんでかわかりませんが、僕の中では悪いことが起こると運が溜まって、良いことがあると運を使うっていうシステムになってるらしいです。

つまり僕の運、ポイント制。

困ったもんです。良いことがあるとブルーになり、悪いことが起こると喜ぶ。逆転現象。かなり体に悪そうな考え方です。



ということで、2016年。昼夜逆転…ではなく、老化から逆転して若返りを目標に、ぼちぼち頑張っていきたいと思います。

今年もどうぞよろしくお願いします。